頻度/対象/唱え方

Clickで拡大します。

奏上頻度

朝と夕が一般的ですが、それに拘る事無くお好きな時にお唱え下さい。ただし人様の迷惑にだけはならぬ様お願い致します。

 

奏上対象

ありとあらゆるモノに八百万の神は宿っています。敬虔な態度で身近な神様に向かい、厳かに朗々とお唱え下さい。

 

唱え方

慣れるまでは祝詞文を丁寧に音読又は黙読。

空で唱えられる様になりましたら、動画の音声や字幕を参考に私と同じ抑揚をつけ、お唱え下さい。

☟画像Click、Blog「伝統芸能≒祝詞奏上」も併せてご覧下さい。

blog「伝統芸能≒祝詞奏上」も併せてご覧下さい。

猿田彦一也/神事大全

Clickで神道一也/神事大全へ
Clickで猿田彦 一也の各SNSへ