神道 問答集


其の一 八百万の神 ☜やおよろず?

Q:八百万、コレはどう読めばいいのですか?

A:ヤオヨロズと読みます。

Q:八百万の神って?何故そんなに神様が?

A:神道では、お箸からトイレ、果ては山から海に至るまで、ありとあらゆるモノに神が宿ります。つまり天文学的な数字になる訳です。

そういった無限に近い数を太古の先人たちは、八百万と呼んだのです。

 

其の二 祝詞 ☜のりと?

Q:続いて、祝詞。コレは?

A:たかぁまのぅはらぁにぃ

Q:えっ?

A:失礼、自己陶酔しました。ノリトと読みます、今のが祝詞です。

Q:神社で着物の人が唸ってるアレですか?

A:ええ。祝詞とは、神社で神主が神様に唱えるアレのことです。

 

其の三 祝詞は誰があげてもいい?

Q:唐突ですが、祝詞は神主以外があげても大丈夫ですか?

A:誰があげてもいいです。資格もいりません。

それにより人と神の関係は変わりますが。どう変わるかといいますと、

続きは神道問答集 弐で

猿田彦一也/神事大全

Clickで神道一也/神事大全へ
Clickで猿田彦 一也の各SNSへ