パイプ役

Cafeで使わせて頂いておりますエスプレッソマシンVenus Bar。開店して2年半、マシンで煎れた珈琲に度々お褒めの言葉を頂いております「美味しい」「マスターの腕がいい」恐れ入ります。しかし心密かに思う事が御座います「思い上るな、決して己の腕がいいのではない。豆や水、そしてこのマシンが凄いのだ。己はマシンと御客様のパイプ役」。

 

祝詞とて同じこと。神事終了後、しばらくしますと感謝の言葉を頂きます「今ままでの悪縁を断ち切れました」「無事、新築工事が終了致しました」しかし、常に自分に言い聞かせていることが御座います「自惚れるな、決して己が凄いのではない。祝詞が凄いのだ、言霊に力があるからこそ、なのだ。己は神と人のパイプ役」。お粗末様で御座います。

猿田彦一也/神事大全

Clickで神道一也/神事大全へ
Clickで猿田彦 一也の各SNSへ