中島みゆき 時代

3・11以降、この曲のイントロを聞くと胸が詰まる。
あまりにも、今の日本の状況とシンクロしているからだ。

“今はこんなに悲しくて、涙もかれ果てて、もう二度と笑顔には、なれそうもないけど”

震災から三年間、我が国はそのような絶望の淵に追いやられているのではないか?

しかし、私は信じている。
今の日本の状況が歌詞とシンクロするのなら、その通りに物事が進んでいくのを。
ご都合主義と笑われても構わない。
言霊力とは、そういう事だ。

“そんな時代もあったねと、いつか話せる日が来る”だろう。
そして、
“あんな時代もあったねと、きっと笑って話せる”だろう。

だが、それは他人任せでは実現しない。
一人ひとりが主体性を持ち、全力でこの困難な状況を乗り越えていかなければなるまい。

神は乗り越えられる試練しか与えない、と云う。
ならば、乗り越えようではないか?

猿田彦一也/神事大全

Clickで神道一也/神事大全へ
Clickで猿田彦 一也の各SNSへ